Reviews

 SHOKO NAGAI With TODD REYNOLDS/JONATHAN GOLDBERGER /STOMU TAKEISHI/JIM BLACK - Taken Shadows / Live at Roulette NYC (Animul Records 108; USA) Featuring Shoko Nagai on compositions, piano, Moog & Nintendo DS, Todd Reynolds on violin & electronics, Jonathan Goldberger on guitar & effects, Stomu Takeishi on electric bass and Jim Black on drums. Since moving to NY, I’ve heard keyboardist Shoko Nagai in a variety of contexts, playing piano or synth with Matana Roberts, Erik Friedlander. You can’t get much more diverse than that. Ms. Nagai has organized an impressive Downtown all-star quintet for her debut as a leader. No doubt you should recognize all of the names here from their diverse resumes. The opening piece, “Intimate Wish” is long and filled with surprising twists and turns. The opening theme is played powerfully by the Moog/violin/guitar frontline before it winds through other quieter sections. The three pieces here seem skeletally written with large sections for improv. There is some impressive piano/synth, guitar and violin interplay when “Solid Angle” begins, slowly the rhythm team kicks in. While guitarist Goldberger plays this fractured riff over and over, the rest of the band swirl intensely around him. In the center part of this piece the violin, guitar and bass play a subtle, spaced-out, hypnotic pizzicato section while the piano spins soft waves underneath. After a more laid back intro, “Solid Angie” erupts with a boisterous electric guitar led section/solo, followed by an equally inspired violin solo by Todd Reynolds. Guitarist Jonathan Goldberger is yet another of those up & coming Downtown players who has become someone to watch over the past few years, working with: Sarah Webber, Jason Mears & Sarah Manning. Everyone here gets their chance to stretch out and all members are on equal footing. This is a most impressive debut from another Downtown MVP: Ms. Shoko Nagai. by Bruce Lee Gallanter Down Town Music Gallery 2015

 

Shoko Nagai’s Taken Shadows, recorded live at Roulette in Brooklyn, March 10, 2014, and released earlier this year features flittering sounds and shapes that seem to intermingle, expand rapidly, disappear, reappear, and so forth in an interesting panorama of sonic expressions. Nagai, bassist Stomu Takeishi, and drummer Jim Black take turns in grounding the music at the rhythmic core, while Nagai, in another form, Todd Reynolds (violin/electronics) and Jonathan Goldberger (guitar/effects) cut across the textured, multi-faceted, shifting underbelly. The music that emerges from this mix is eclectic, well-balanced, and driving. All three lead voices (Nagai, Goldberger, and Reynolds) cut across the top brilliantly at different moments. Nagai’s compositions never spill over and find their center by oscillating between exuberant exclamations and occasional recessions into solitude. The electronics and other effects provide enough glint to make the darker interior parts of the sound stand out even more. Nagai continues to be a unique and unpredictable figure on the New York scene.

--Cisco Bradley  JAZZTOKYO 2015

日本語訳 :2014年3月10日にブルックリン・ルーレットでライヴ録音され、今年初頭にリリースされた永井晶子 Shoko Nagaiの『テイクン・シャドウズ Taken Shadows』は、興味深い音響表現のパノラマの中に、攪乱され、急速に膨張/消滅/復活を繰り返す、はためく音と形態を備えている。永井とベーシストの武石務 Stomu Takeishiとドラマーのジム・ブラックJim Blackは、交替でリズムの核となる音楽を基礎作る。一方、一人二役の永井、トッド・レイノルズ Todd Reynolds (vln/electronics)とジョナサン・ゴールドバーガー Jonathan Goldberger (g/effects)のメロディー隊は、肌理のある多面的で変幻する基底部を切り開く。両者の融合から出現する音楽は、折衷的でバランス良くドライヴする。三つのリード・ヴォイス(永井、ゴールドバーガー、レイノルズ)は見事にタイミングをずらして頭上を横切る。永井の作曲は決して零れ落ちることなく、あふれんばかりの感嘆と、折りに触れての孤独への退行の間を行き来しながら中心を見出す。エレクトロニクスやその他のエフェクトが、サウンドの暗めの装飾部分を効果的に強調する。永井はニューヨーク・シーンのユニーク且つ予測不能な存在であり続けるだろう。

ーシスコ’ブラッドリー2015年ジャズ東京

 

<生と死の間に住む悪魔にとって最悪の呪いは、死ぬことが出来ないことだ。>(永井晶子『Taken Shadows』ライナーノーツより)

子供向けの童謡や童話の荒唐無稽な表面の裏には、時に深淵な、時に残酷な、時に含蓄のある豊潤な人類の記憶が刻まれている。「カゴメの歌」の謎解きは度々テレビや新聞ネタになるし、『本当は恐ろしいグリム童話』と云う本もあった。

NY在住の作曲家/ピアニスト/アコーディオン奏者の永井晶子がテーマに選んだのは「影踏み(Taken Shadows)」。影を踏まれたら鬼になるという単純なルールの遊びだが、「影」の意味を探って行くと、人間・生・再生と、鬼(悪魔)・死・滅亡の二極間を往来する輪廻転生の物語が浮かび上がる。永井は、"本当は恐ろしい"影踏みの世界を舞台に、イマジネーション豊かな音楽叙情詩を描き上げた。

ヴァイオリン切ない調べで幕を開けると、すぐにピアノがリリカルな音色でファンファーレを奏でる。ギターが鋭角のリズムで切り込み、ドラムとベースが乱調のリズムで行進する。入り乱れた合奏が、無調の電子音で中断される・・・。これがアルバム冒頭5分間の展開である。とにかく場面変換が多彩で、一瞬たりとも飽きることのない、スリリングな曲想は、メンバー5人が繰り広げる鬼ごっこのようだ。ドラマー以外の4人のメンバーが担当楽器に加え、電子器機やエフェクトも担当している。メンバーそれぞれ複数の楽器を演奏するスタイルは、単なるクインテットではなく、フランク・ザッパ言うところの「低予算の管弦楽団(Low Budget Orchestra)」と言えるだろう。

誰が次の鬼になるのか、先の読めない影踏み遊びのように、驚きと意外性に満ちた楽曲展開は、作曲と即興の半々で構成されている。現代音楽、即興ジャズ、プログレッシヴ・ロック、エレクトロニクス・ミュージックなど様々な要素を含みつつ何処にも属さない新鮮な音楽性は、1999年からニューヨークに住み、NY即興シーンの第一線で活躍する一方で、女性ばかりのクレズマー・コンボ「ISLE of KLEZBOS」でアコーディオンを弾き、映画やテレビの音楽を多数手がけるマルチな才能の持ち主の永井に相応しい。

2014年3月10日、NYのルーレットに於ける同名コンサートのライヴ録音。YouTubeで公開されているコンサートの映像を観ると、バックスクリーンに映像が映し出され、聴き手を影の向こう側の世界に誘い込むようなヴィジュアル・コンセプトを持った作品であることが判る。こんなステージを生で体験したら、自分も鬼になって音符と追いかけっこをするスリルが味わえるに違いない。----- 2015年12月 工藤浩巳 ジャズ東京

 

A veteran of the downtown jazz scene, pianist and accordionist Shoko Nagai delivered some of the most adventurous improvisatory solos of the night and helped fill out the band’s sound with sophisticated riffs from the keyboard and her gentle accordion,

Read more: http://blogs.forward.com/the-arty-semite/140710/#ixzz1U61wpgec

By Eileen Reynolds

Jewish daily Forward 2014